証券会社を比較する時のポイント

バナー

証券会社を比較する時のポイント

証券会社を比較することは投資を始める上で最も大切なことの1つです。

自らの求める条件に合う会社を選びましょう。

まず、注目すべきなのは取り扱い投資信託の数です。

取り扱いが多いということはそのまま選択肢が増えるということになります。

当然自分に合った銘柄があるかも重要です。

最も重要な比較ポイントは手数料です。

産経ニュース情報を検索しましょう。

やはり儲けに直結する問題なので、特に慎重に選ぶ必要があります。
例えばA社の手数料が800円、B社の手数料が500円だった場合、一回につきB社の方が300円得だということです。


しかし、このような単純な比較はなかなか出来ないのです。

何故なら手数料が高い会社は何かしらのサービスを行っていることが多いからです。

その1つが一律定額制です。一律定額制とは1日の手数料が一定金額を超えるほど取引を行った場合、一定金額までしか払わなくて良いというサービスです。

先ほどのA社が8000円の一律定額制を採用していたとします。


A社では1日に10回取引すると手数料が8000円になります。

ところが、それ以降の取引に関してはその日のうちに何回やっても手数料がかからないことになります。

あなたに合った条件の証券のランキングのホームページをチェックしましょう。

B社では1日に16回行うと手数料が8000円になります。

そして17回目には8500円になり、A社の手数料を上回ります。


つまり、1日に17回以上取引を行う場合はA社の方が得になります。


A社はデイトレード向けの証券会社といえます。このように証券会社が事細かに比較していかないとどれが得か分からないので、ネットで情報を収集して慎重に選ぶことをおすすめします。